2017年12月11日更新

Googleの医療系サイトの評価方法アップデートで予想されるアフィリエイト業界への影響

2017年12月6日水曜日、Googleが医療系サイトの評価方法をアップデートしました。より専門性の高い、有益な情報を上位表示することで、アフィリエイト業界にはどのような影響が出るのかを予想しました。

  • 追加

2017年12月6日水曜日のGoogleアップデート内容

Google では、今週、日本語検索におけるページの評価方法をアップデートしました。
この変更は、医療や健康に関する検索結果の改善を意図したもので、例えば医療従事者や専門家、医療機関等から提供されるような、より信頼性が高く有益な情報が上位に表示されやすくなります。本アップデートは医療・健康に関連する検索のおよそ 60% に影響します。Google では、医療や健康だけに限らず、今後も継続的に検索の改善に取り組んで行きます。
現在、毎日数百万件以上の医療や健康に関する日本語のクエリが Google で検索されています。これを分析してみると、医療の専門用語よりも、一般人が日常会話で使うような平易な言葉で情報を探している場合が大半です。日本のウェブには信頼できる医療・健康に関するコンテンツが多数存在していますが、一般ユーザー向けの情報は比較的限られています。
もし、あなたが医療関係者で、一般のユーザーに向けたウェブでの情報発信に携わる機会がありましたら、コンテンツを作る際に、ぜひ、このような一般ユーザーの検索クエリや訪問も考慮に入れてください。ページ内に専門用語が多用されていたら、一般ユーザーが検索でページを見つけることは難しくなるでしょう。内容も分かりづらいかもしれません。ユーザーがあなたのサイトを見つけるために使用している検索キーワードのリストは、Search Console で確認することができます。もし、そのリストが専門用語で占められていたら、一般ユーザーの多くはあなたのサイトの情報にアクセスできていない可能性があります。
Google では、アルゴリズムの改善やウェブマスターへの情報提供などを通じ、検索の改善に日々努めています。もし問題のある検索結果を見つけた場合には、デスクトップでは「フィードバックを送信」から、モバイルの場合は「ご意見・ご要望」からお知らせください。検索を改善するための情報として活用させて頂きます。

出典:webmaster-ja.googleblog.com

医療系の記事に対して、医療従事者や専門家、医療機関から提供されるような情報が優位になる事が明示されました。

これは昨今問題になった「WELQ」などによる「キュレーションサイト」の孕む問題によるものでは無いかと考えられます。
それまでのキュレーションサイトでは、クラウドソーシングなどで、在宅ライターを募集したり、社員として記事ライターを囲い、専門知識を調べて記事を作成させる方法で、安価な記事を大量に配信する事で、アクセスを集めてきました。

しかし、不正確な医療情報は、内容によっては命の危険へと繋がる事や、著作権上問題がある記事が多く上げられていたことから、多くの大手企業が運営するキュレーションメディアが閉鎖されるに至りました。

キュレーションサイトは潰れる?検索変更が受ける影響とは

今回の変更で、いわゆるキュレーションサイトは潰れてしまうのでは…。と考えられる人もいるでしょう。
キュレーションサイトのほとんどの流入口は検索エンジンかFacebook等ソーシャル媒体です。

しかし、現時点で残っているキュレーションメディアの多くは、上に挙げたキュレーションサイト騒動を切り抜ける対策を既に講じていたサイトです。

答えとしては、ほとんど潰れません。

むしろ、ほとんどが現在よりも高い検索数を得ることとなり、さらにアクセスが集まっていく事になります。
現在、運営されている対策方法としては以下のような医療系サイトがあります。

医師監修を既に行っているサイト

騒動を受け、医師を監修につけ始めたサイトや、最初から医師が監修をしていたサイトが既に多くなりました。
そのため、真面目に運営をしているキュレーションサイトに対しては、ほとんどの影響が出ないことが予想されます。

もちろん、監修と言っても、ただの名義貸しのような状態もあり、
記事が残っているからと言って、信用できるかどうかは微妙な部分ではありますが、
少なくとも、でたらめすぎる情報はそこまで出てこない、と医師監修名義がある以上、Google側では判断されることだと思います。

医師自身が代表を勤めているサイト

医療系ベンチャーの中には、医師が代表を勤めている会社は多くあります。
医師が直接関わっている事、それはもはや、監修以上に信用があると認識される事でしょう。

医院が運営しているサイト

美容整形医院等、これまで多くの広告をウェブで配信し続けてきた医院では、
既に医院が直接運営する媒体を持っているところもあります。

医院が、自身の広告の為に、情報を出す。
これは「オウンドメディア」と呼ばれる媒体で、キュレーションサイトのような形ではありますが、
最終ゴールを自身のサービスへ向けているサイトです。

ここはもはや、医師による記事も多く出ている為、信用性は高いと評価される事でしょう。

影響を受けるサイトとは

上に少し触れたとおり、美容系の医院はこれまで多額の金額をアフィリエイトブログに出してきました。
そうして、初心者による脱毛総合サイトや、美容整形豆知識サイトのようなものが多く作られるようになりました。

どのような広告を出してきたかと言いますと、私が携わったことがある提案の一例を挙げます。
「エステティシャンのノリでブログを書いて、その下に広告を入れてください。」
こんな形で媒体作成の依頼が来ます。

架空のエステティシャンを作り出し、普段の生活の中美容情報を交えていきます。
私がチェックしていた時では、アメブロのランキング1〜10位まではほとんどそういう依頼のブログであったかと思います。
(アメブロのランキングはF5連打で上げることが出来る一番簡単に攻略が出来るランキングです。)

また、SEOで言うと、特定の商品を検索してみると、育毛シャンプー関係などは上位1〜100位くらいまではほとんど全てアフィリエイトブログです。
良い評判を書いていれば、それだけで売れました。

こうしたサイトが、今後Googleから落とされていくことになる事でしょう。

アフィリエイトブログが落とされるということは

適当な記事が落とされてくるということは、どういう意味を成すか。

医療系アフィリエイトが厳しくなる事はもちろんですが、
メリットも当然出てきます。

上に挙げたように、医師監修のサイトはさらに強い検索での流入を得れることになるでしょう。

そして、そんな強いサイトはどうするかと言うと、商品を紹介する単価を引き上げます。
脱毛エステがこれまで1件1万円〜で最低単価としていた所、2万円じゃないと載せないよ、と強気になれるようになります。
業界の成約でのアフィリエイト単価が右肩上がりになる、これが今回の変更で予想される一番重要な未来でしょう。

なお、単価こそあがりますが、信用できる場所へのみ特別な単価が設定される為、表面的な単価の変動はあまり多くは無いかもしれません。
ただし、アドセンス等に表示される際の入札単価は、これまでよりも高くなる可能性はあります。
表示できる場所が、一気に激減する事から、表示できる場所では高い入札単価が必要になるからです。

また、逆に、医療系の信用性の高い情報であれば、上位に表示されやすくなる、ということは、
今後、医療系ベンチャーでのオウンドメディアのスタートアップが活発になることでしょう。
実際に、相談いただく案件として、医療系のマッチングビジネスにオウンドメディアの機能をつける事は増えてきています。

医師監修の正確性

さて、ここで気になる事は、
誰が信用性・正確性を担保するのかということです。

Googleが医師を雇用し、アルゴリズムを考えていくということは恐らくあまり現実的ではないでしょう。
自動的に、監修などの情報から真実性を担保していくものと考えられます。

ということは、その方法さえわかれば、実際に真実でなくとも、真実のように書くことは出来る、と言えます。
例えばその方法は、「科学的根拠」や、「監修」等によることでしょう。

思い出して欲しい事例が一つあります。

「水素水」です。

水素水は、体に良いかはさておき、とても真実性があるように様々な科学的根拠を並べていたことかと思います。
科学的根拠や、監修にそれらしさがあれば、もしかすると削除されずに上昇する可能性も十分にあります。

医療系アフィリエイトは稼げるようになるか。

もし、根拠の有無によって、順位が上昇するのだとしたら、
日本人相手のアフィリエイトにとってこれ以上の売りやすさが担保された変更はありません。

あの「水素水」が売れたターゲットの多くは、
そうした「科学的根拠」を読んで信用し、購入した層です。

同じような根拠を示すだけで売れるのが、日本でのマーケットです。

根拠さえ示せば順位が優遇され、しかも、売れる。
さらに、単価は上昇するのであれば、
それはもう、これまで以上に売上が伸びる可能性が見込めると言わざるを得ません。

医療系以外はどうなるか

医療系以外にも、お金に関する話題や、専門性の高い分野は多数あります。
それらも、同様に今後信用性のある企業が有利になっていく事は間違いありません。

初心者がただブログを書くだけで稼げるような時代が一つ終焉を迎え、
その代わりに、正確性を担保できるテクニックを持つアフィリエイターの売上の上昇、
専門家によるベンチャーの増加が各業界で大きくなってくることでしょう。

オススメの記事Gmatom注目まとめ

シェアする気になったらシェアする

ツイート

ユーザー情報ユーザーの紹介

Gmatom 浜田貴朗

2008年よりコミュニティサイトを運営しつつ、効果の高い広告はバナー広告では無く誘導的コンテンツ広告と気付き、コンテンツ作成を手掛ける。 ポイントサイト・キュレーションサイト・動画自動投稿サイトや自動記事作成ツール、自動フォローツール等ツールの開発等、主にウェブ系の業界にて開発・運営を行っています。 V系バーの立ち上げ・ウェブ戦略・立地戦略等飲食店の立ち上げ・運営も携わっていました。